脇脱毛 黒ずみ

脇毛の間違った自己処理が黒ずみに

脇の毛は自分で毛抜きで抜くのが当たり前と思っていました。
そこで、生えてきた毛に気づく度にむりやり引き抜いていました。それでも産毛はなかなか毛抜きでつかみ取れません。

 

その為、脇毛も抜くことのできる脱毛器ソイエを購入し、、脇にごしごしと当てて処理していました。しかし、抜いたすぐはきれいだったのに、だんだん黒ずみが強くなっていたのです。また、皮膚の下に埋もれている毛もたくさんあって、抜いているのに、抜いていないような状態になってしまいました。

 

そうなってから始めてこの処理方法は間違っているのかもしれないと気づいたのです。ネットで調べると、脇はとてもデリケートな部分なので、ごしごしこすってはいけないと書いてありました。普段外気に触れず、紫外線による刺激も受けていない脇はとても弱いのだそうです。

 

そこをごしごしすれば、別の個所の肌よりもダメージを強く受けてしまいます。それにより、黒ずみが強くなり、さらにターンオーバーも遅れるのだそうです。

 

それを知り、脇をもう少し大切に扱おうと思いました。顔と同じ扱いで、よく泡立てた洗顔料でなでるように洗い、その後化粧水をつけ、乳液をつけます。美白クリームも定期的に塗ります。潤いを十分に与え、保湿し、きちんとした処置を行うことで、徐々に黒ずみは解消されてきました。

 

しかし、まだまだ脇毛は生えてくるので、それを抜くたびにダメージを与えてしまいます。やはり、きちんとしたサロンで、永久脱毛してもらうのが、きれいな脇を保つために必要なことなのかもしれません。