妊娠 黒ずみ

妊娠すると脇の黒ずみができる?

妊娠してから脇が黒ずむという女性が少なくありません。
女性は、妊娠をすると、体にもいろいろな変化が訪れますが、黒ずみもその変化のひとつと考えられるのです。

 

脇をはじめ、乳首や乳輪、デリケートゾーンの黒ずみが目立つのは妊娠を経験した方には黒ずみに悩む人は多いと思います。
2人目や3人目だと、「またか」といった感じで慣れてくると思いますが、初めての妊娠を経験する人にはびっくりするくらいの自分の体の変化を見ることになります。

 

妊娠が原因で出来た黒ずみに対しては産後、ホルモンバランスが元の状態に戻るので、自然と治ることもあるのでそれほど心配することはありません。
しかし、中には出産後にもなかなか黒ずみが消えにくい女性もいるようです。
そういった女性は保湿成分が入った美容ジェルや美容液、ボディローションなどを使ってスキンケアをマメに行いましょう。

 

そういったスキンケアには保湿成分がたくさん配合されているので、皮膚の新陳代謝が活発化して新しい皮膚に生まれ変わることを早めてくれます。
黒ずみが残るのは、古い皮膚が残っている状態なので、保湿成分の高い美容品を使って新しい皮膚を生成しましょう。

 

 

妊娠以外の脇の黒ずみの原因

 

妊娠中に脇が黒ずみますが、出産したのに黒ずみが無くならなかった、と妊娠が原因ではなかったケースも多いので、それ以外の原因にも注意しておきましょう。

 

脇の黒ずみの原因として、メラニン色素の沈着による黒ずみが原因の多いです。脇の無駄毛の自己処理を頻繁に行うことや、また脇と腕の摩擦が起きたりもするので、多く刺激を与えることによって皮膚に負担がかかり、結果的に脇が黒ずんでしまうということになるのです。

 

脇毛の自己処理などが原因で黒ずみが起こりやすいので脇の自己処理をしなければいいという解決方法になるのですが、そんなわけにもいかず、無駄毛と黒ずみの悩みを持ってしまうので、サロンで脇の無駄毛の処理をする人が増えているのです。

 

黒ずみの多くは脇の毛の自己処理によって起こるとも言われますが、間違った自己処理をしていないかしっかりチェックすることによって黒ずみを軽減することも出来るのです。
剃るや抜くなどの自己処理は皮膚を傷つけていることになるので、お肌が乾燥しやすくなるのです、お肌の乾燥をそのまま放っておくと、それが蓄積して黒ずみになるとも言われています。

 

サロンでの脱毛も施術後は保湿クリームを塗ってアフターケアをします。自己処理で脱毛した後でも、お肌を清潔にし、保湿クリームなどでもしっかり保湿しておくことが大事になってきます。黒ずみの原因はいろいろありますが、その原因を知ることによって対処の仕方もわかって来ます。

 

黒ずみの原因が妊娠であると、脱毛や摩擦であろうともケアする大切なポイントは保湿です。
肌をしっかり保湿することで、黒ずみの改善や予防につながります。

 

さらに詳しく脇の黒ずみを改善したいなら脇の黒ずみ解消法の記事をご覧下さい。