脇の黒ずみ ムダ毛

脇の黒ずみはムダ毛処理が関係している

普段ならばさほど気にならない脇の黒ずみも、ふと鏡で見た時や他人の綺麗な脇を見た時には急にきになるものです。

 

脇が黒ずんでしまうのは、皮脂汚れや角質なども関係しますが、特に多いのがメラニン色素の沈着と言われています。いわゆる脇が何らかの刺激を受けてしまい、それに対して起こる反応なのですが、刺激の多くは脇のムダ毛処理が原因だと考えられます。

 

特にカミソリは肌ごと削り取ってしまう場合があり、乾燥が悪化します。優しく処理していても、カミソリの刃自体が傷んでいる場合があり、傷んだ刃で処理すると脇は非常に傷ついてしまいます。脇にとっては、大きな刺激になるのです。

 

毛抜きは一瞬皮膚に対するダメージが少ないようなイメージですが、実は炎症をおこしやすく、最悪の場合は抜いた場所が黒ずみ、シミになってしまうこともあるのです。ムダ毛処理は、自己流ですと多かれ少なかれ脇にダメージを与えます。それならば、機械を使えば大丈夫と思う方もいらっしゃいますが、実は身体の調子も大きく関係するのです。

 

風邪気味だったり、生理前後は脇の皮膚の免疫力が落ちています。つまりは、通常よりもムダ毛処理時の刺激に対して敏感になり、傷の治りも遅いのです。
化膿もしやすくなり、最終的には黒ずみやすくなるのです。寝不足や少し疲れたなと感じる時は、ムダ毛処理は控えた方が良いのです。

 

脇は普段見えないぶん、カミソリなどで一気に処理をしてしまいがちですが、処理をする度に必ずダメージを与えています。ムダ毛処理をした後は確かにキレイに見えるのですが、脇は傷ついているのです。丁寧なケアをしなければ、毛穴が膿んでしまう可能性もありますし、シミになり黒ずみに繋がります。

 

しかも、脇は皮膚が薄く、一度黒ずんでしまうとなかなか消えませんから、ムダ毛処理の後は脇をしっかりとクールダウンして炎症を鎮める必要があります。
そして、ムダ毛処理後の脇は非常に乾燥していますから、必ず保湿が必要です。