脇 黒ずみ

脇の黒ずみの原因は、色素沈着と脇毛

脇の黒ずみには、いくつかの原因があります。
今回は、その中でも多くの方が悩んでいると思われる2つの原因とその対策方法をご紹介します。

 

色素沈着による黒ずみ

1つ目の原因は、肌の色素沈着によるものです。色素沈着は、摩擦等の肌への刺激によって起きやすいと言われています。
脇は、ムダ毛処理等で肌が荒れやすい部分です。自分でムダ毛処理をする時には、なるべく肌に負担をかけない方法を選びましょう。

 

また、脇は、汗をかきやすい部分でもあります。汗を放置すると、肌のphバランスが崩れ、肌荒れを引き起こしやすくなります。汗をかいた後は、なるべくすぐに拭き取りましょう。
肌の乾燥も良くないので、保湿化粧品等で保湿すると尚良いでしょう。保湿効果だけでなく、美白効果のあるものを選べば、より早く黒ずみを解消できるでしょう。

 

脇毛による黒ずみ

2つ目の原因は、皮膚の下に生えている脇毛によるものです。脇毛が濃いと、表面に生えている毛を綺麗に処理しても、皮膚の下に生えている脇毛が透けて見えてしまう事があります。男性でも、ヒゲが濃いと、ヒゲ剃り直後の肌が黒ずんで見えますよね。それと同じ事が脇毛でも起きるのです。

 

また、誤った方法でムダ毛処理をしていると、皮膚の下に毛が埋まりやすくなってしまい、それによる埋没毛が原因で黒ずんで見える事もあるようです。
脇毛が原因の黒ずみの場合、自分ではなかなか改善しにくいので、エステ等で脱毛するのが手っ取り早いでしょう。

 

いずれにしても、脇の黒ずみを解消するには、まず原因を明らかにする事が大切です。
それぞれの原因に合わせた方法で、綺麗な脇を目指すことが大切。

 

 

脇の黒ずみ解消法

 

脇の黒ずみの原因にはこのムダ毛処理もありますが、お風呂でのゴシゴシ洗いや衣服との摩擦、制汗スプレーや生活習慣など様々なものがあります。

 

脇の黒ずみの正体は実はメラニン色素なんです。
脇に何らかの刺激が加わると体がそれを守ろうとして、メラニン色素を出してしまいます。
そして、脇の肌の角質が厚くなりメラニン色素が肌に定着してしまって、黒ずみになってしまいます。

 

黒ずみを改善するためにはまず、ムダ毛処理の方法を見直してみましょう。
抜くタイプの処理は肌に負担が大きすぎて、黒ずみ一番の原因になってしまうので、剃る方法か除毛クリームによる処理に変えるのが良いでしょう。

 

カミソリで剃る場合には、最新の注意を払ってムダ毛処理をするのが大切です。
何も付けない状態で剃らない、切れ味のよい刃のカミソリを使う、何度も同じところを剃らないようにしましょう。

 

そして、ムダ毛処理をした後はしっかりと保湿するのが大切です。
処理後の肌はとても敏感な状態なので、乾燥や紫外線などの刺激にはとても弱くなっています。
保湿ローションなどでたっぷりと保湿して、肌を守ってあげるようにしましょう。

 

最近は脱毛サロンの料金も安くなっていて、脇脱毛がわずかワンコイン以下でできるところもあります。時間が許すなら思い切って脱毛してしまうのもおすすめです。

 

脱毛したら黒ずみがなくなるわけではありませんが、自己処理の必要がなくなるので、その分黒ずみを早く薄くする事ができます。

 

普段のお手入れで黒ずみ対策を行なうなら、美白化粧品が有効です。
脇専用のものも出ていますが、顔用の化粧水や乳液などでもかまいません。
特に効果が高いと噂されているのが脇 黒ずみのスキンケアジェル。ぜひ一度お試し下さい。
肌をしっかりと保湿して美白成分が浸透しやすい状態を作り、こまめにケアしていけば、黒ずみもだんだんと薄くなってきます。